2008年2月29日金曜日

ラ・カーヴ・ド・ビグディ

先週、ボルドー料理のエントリーを書いてから、ブドウの枝で焼くステーキがどうしても食べたくなり、以前住んでいた地区にあるレストランを思い出し、新しく開通したトラムに乗って行ってきました。
人気ブログランキング





LA CAVE DE BIGOUDY
36, rue Tourat
33000 BORDEAUX

TEL :05 56 51 69 43








このレストラン、オーナーにグラス1杯試飲してもらうという条件で、ワインの持ち込みが出来ます!
オーナーのビグディさん

ワインを持ち込まない方は彼の後ろにあるカーヴからワインを選ぶ(とても良心的な値段)というシステム。のでワインリストはありません。もちろんボルドーのワインばかり・・・。有名どころのワインもあります。
今日選んだのはこちら
2005 CHATEAU COQUILLAS (PESSAC LEOGNAN)
オフィシャルサイトはこちら

ボルドー・ペサック・レオニャン地区にある、シャトー・ド・フランスのセカンドワイン。さすが2005年、かなり上質です。

メニューは地方料理のみ。乾燥ものを季節以外は使いますが、セップ茸の料理もたくさんあります。
また写真左の、今日のお勧めは、ヤツメウナギのボルドー風と、リー・ド・ヴォー・森のキノコのソース。
またメニューをみると、ウズラのフォアグラ詰め、鴨のコンフィ、鳩のソーテルヌ風味・あみがさ茸添え、昔風煮込み、など他にも地方料理がたくさんあります。

メインは肉で即決でしたが、前菜が悩む・・・
セップ茸入りオムレツ、フォアグラなどにも目が行きますが、あえてコテコテの地方料理、「トリカンディーユ(豚の腸)のグリル(もちろんブドウの枝で)サラダ添え」にします。








そしてお待ちかねのステーキ
まず、ブドウの枝を一気に入れ、燃やします。
すべての枝が炭状になると、網を乗せ肉を焼きます。
ブドウの枝の香りが肉に着き、何とも言えない良い香りがします。
ENTRECOTE BORDELAISE
ビンの中には、生のエシャロットと、ソテーしたエシャロットが入っています。
300g頼みましたが、楽に完食。上の娘は200gひとりで完食!まだ食べれると言います・・・

焼き具合も完璧。
写真撮るの下手だなぁ。
店内がちょっと暗めで、私の5年前に買ったデジカメではちょっと限界がある。といいわけ。

私、デザートはパス。でもこれだけは欠かせない〆のアルマニャック。
あ、そうそう、飲み足りないのでワイン一本買ってお持ち帰りしました。
人気ブログランキング

↑↑↑1日1回クリックお願いします!

3 件のコメント:

55arapon さんのコメント...

う、うまそぅ~。食べたぁ~い。
香りが嗅げないのが残念。
ブドウの木ってどんな香りだろう?
いい香りなんだろうなぁ~。
〆のアルマニャック、
Oh~完璧なディナーですな。
(オーナーさんいい笑顔ですね。
 かとぅ~先輩が訪れるお店は暖かみを
 感じますね)

ボルドーカフェ&レストラン情報をファイリングしてきっと訪れるぞ。

シャトー・ラトゥール、写真からもそんな
感じが伝わってきますね。

 

ケン太 さんのコメント...

>上の娘は200gひとりで完食!
あの細い体の何処に入るの!?
かとうさんの300gは驚かないけど。(^^)

僕は前菜だけで充分だし(パンも付いてくるんでしょ)、
〆のコニャックは写真の半分で充分。
本当に食えなくなった。。。。orz

ウノコムかとう さんのコメント...

ケン太さん、あらぽんコメントありがとうございます。

ケン太さん。
上の子は好き嫌いが酷いですが、肉は大好きで毎日肉でも良いらしい。
200g食べた後、チョコアイスクリーム食べてました・・・
私は食べていると言うより、ワインで流し込んでると言った方がいいのかも(笑)

あらぽん
ボルドー来て下さいね
ワインは売るほどありますから(笑)