2008年5月23日金曜日

シャトー・ムートン・ロトシルト

メドック地区、5大シャトーのひとつ。
毎年ラベルを著名人に描かせることで有名なこのシャトー。
建物、ブドウ畑、敷地内に植えられている木を見ても、かもし出すオーラは特徴的で、誰が見ても素晴らしいと思うはず。
人気ブログランキング


広報のお姉さまが案内してくれます。
醸造蔵とカーヴ、個人所有の博物館(博物館の中のみ撮影禁止です)の訪問と試飲が付いてお一人様12EUR。
ワイン関係のプロの方なら、無料です。
基本的に、どのシャトーもそうですが、訪問を望む際にはシャトーにコンタクトを取りアポをとる必要があります。

広報の方と思って侮ってはいけません。パリネ女史率いるこのシャトーの広報・案内担当の方々は、醸造、歴史、土壌のことなどなど、事細かく質問しても答えてくれるプロフェッショナルです。




ムートンのワインは、私のような凡人にはお話をするチャンスも無いはずなのに、気さくに話しかけてくれる良家ご出身の女性のイメージ。
ただ、少しでも的外れなことを言ったり、そぶりを見せただけで、フンと冷酷に鼻で笑われそうな気もする。
その分、こちらも少し飲むとき構えてしまうのかも。
私にとって5大シャトーの中で何となく特徴をつかみにくいのがこのワインなのです。
もちろん素晴らしいワインなのですが、飲み終わった後、何か足りない・・・打ち解け合えない・・・
私が壁を作ってしまっているのか、フンと冷笑されているのか。
いずれにしてもこのワインを飲むと何となく自分の不甲斐無さを思い知らされる恐ろしいワインなのかも。

いつも応援ありがとうございます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑
1日1回クリックお願いします!



2 件のコメント:

ケン太 さんのコメント...

とても素晴らしい表現で、
すごくイメージが湧きます。

なんだか飲みたくなりました。

sonoさんが結婚披露宴出席で留守の今晩、
ムートン開けて飲んでしまったら
帰ってきたら怒るだろうなぁ~。

やはり、怖いから止めとこう。笑

ウノコムかとう さんのコメント...

ケン太さん
こんにちは。

飲んでしまったら・・・SONOさんのお怒り顔と声が目に浮かびます(笑)

補填するにもすごい値段になってしまいましたね

次回は私とまたムートン行きましょう

ではでは